妊娠線 消えない

妊娠線ケア専用のボディクリーム

 

妊娠 ⇒ 出産でできてしまったピンクや紫の割れ線。

 

 

シマシマに波打った肌のボコボコ。

 

 

そんな妊娠線は、妊婦さんや子供を産んだママさんだったら誰にでも起こりうるものです。

 

 

もう消えないのかな?と悩んでいる女性もいるでしょう。

 

 

「いつの間にかできていた」

 

「予防していたのに傷ついてしまった」

 

 

だれでも、前もっての十分な予防って難しいし苦手です。

 

 

それで、妊娠線ができてしまってからガッカリ・・・ということもあると思うのですが、

 

そんなときに試してみて欲しいのが、こちらで紹介している専用のケアクリーム。

 

 

あきらめる前に、“肌コンプレックスを直すケア” を実践してみてください。

 

 

 

妊娠線を治すクリームランキング

 

AFCマタニティクリーム

産婦人科・マタニティクリニックでサンプル品が渡されるほど信頼性の高い妊娠ケア用クリーム。

 

妊婦ママにうれしい葉酸入りで、お腹の赤ちゃんの健康作りにも役立ってくれます。

 

専用ケア製品としてはお手頃価格なので、家族が増えて物入りな時期には助かります。

 

1本で1ヶ月使える120g入り。
1本だけでも送料無料・3本セットで10%オフ。

 

 

 

ノコアクリーム

できた妊娠線を消す効果があるコスメとして、口コミ人気の高いノコア。

 

界面活性剤やアルコール、動物性原料などを使用していないことから、妊娠中・産後の敏感肌にも安心して使えます

 

出産後に気になることの多い、お腹まわりのたるみや肌のくすみも改善を実感できると好評です。

 

1本で1ヶ月〜1ヶ月半使える150g入り。
送料無料・割引キャンペーンは随時実施中。

 

 

 

ベルタマザークリーム

妊娠線予防の定番品といえばベルタマザークリーム。

 

あとケア向きではないものの美容成分たっぷりで、妊娠前後に気になるゴワゴワ汚肌を防いでくれるはず。

 

1本で1ヶ月使える120g入り。
初回限定500円のキャンペーン中(定期コース)。

 

 

 

なぜ妊娠線はなかなか消えないの?

 

おなかやお尻、太もも、さらには二の腕やふくらはぎにまでできることのある妊娠線。

 

 

出産前に、赤ちゃんの成長とともに女性のカラダは大きくなり、それにつれて短期間に急激に皮膚も伸びていくことになります。

 

 

その急な伸び具合に耐え切れなくなって、皮膚組織が裂けてしまうのですね。

 

 

ちょっとしたことでできる傷なら、肌組織の生まれ変わりとともに薄くなり、次第に目立たなくなるはず。

 

 

放置していても、いつの間にか消えてしまうことがほとんどですよね。

 

 

妊娠線や肉割れ、脂肪線と呼ばれる傷跡が厄介なのは、皮膚の深層部(コラーゲン繊維)までがダメージを受けているためです。

 

 

表皮の内側にある真皮は、ほとんどターンオーバーしません。

 

 

完全に生まれ変わるまでの周期は数年単位とも言われています。

 

 

そのあいだに表皮はターンオーバーするのですが、その下側がきれいにならないため、ボコボコ肌になってしまうのです。

 

 

 

専用ケアクリームが助けてくれること

 

妊娠線のお手入れは、ほかのスキンケア同様に保湿強化が中心です。

 

 

新しいきめ細やかな肌を取り戻すのに大切なのは、やっぱり潤い。

 

 

ただし、保湿成分が皮下組織にまで届かなければ意味がありません。

 

 

それも真皮周辺の細胞の生まれ変わりを助けてくれる有効成分が必要なのですね。

 

 

その役割をしてくれるのが妊娠線クリームだということです。

 

 

たとえばAFCストレッチマーククリームなら、巡り(肌代謝)をサポートそいてくれる葉酸

 

 

ノコアクリームなら、フェイス用の化粧水や美容液に配合されることの多い高浸透型のビタミンC誘導体を採用しています。

 

 

それにプラスして、繊維芽細胞の機能を整えるFGFなどの贅沢な美容成分が入っていて、妊娠・出産前のハリのある素肌をよみがえらせてくれるのですね。

 

 

今回紹介しているのは無添加処方のものばかりなので、大切な赤ちゃんがすごしている場所の表面に塗っても安心。

 

 

生まれたての赤ちゃんに触れるタイミングでも、不安なく使い続けることが可能です。

 

 

予防については、ドラッグストアに売っている適当なクリームやオイルでいいのかも。

 

 

でも、それでは妊娠線は消えないというときに、頼りになるのは
“届ける仕組み” “ためらいなく使える安全性” を持ったケア製品のはずです。

 

 

もう一度クリームランキングを見てみる